むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

里山は雪のち雨

f:id:munosan:20150109113753j:plain

 雪がやみ、山は山紫水明のような風情となった。

f:id:munosan:20150109114008j:plain
f:id:munosan:20150109114112j:plain

 明日には、再び、真っ白になるようだ。