むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

うち霧らし 雪は降りつつ

障子つぎ張りしても雪まいおりる
小便に起きて来るよなかの蛍の灯り

f:id:munosan:20150129170946j:plain

こんなムラを電車が走っていた

f:id:munosan:20150129171315j:plain

冬の夜の茶わん台所につんと

f:id:munosan:20150129171552j:plain