むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

素の自分でいることがなにより心地いいから

f:id:munosan:20150131205053j:plain



f:id:munosan:20150131205148j:plain

みつまたの華は風が吹いて赤とんぼ二つ

f:id:munosan:20150131205612j:plain

雪の夜せわしい蛍がふわふわ遊んでる