むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

太宰治の作家魂

太宰治という天才作家は、どのような立場におかれても、小説しか書かなかった。「赤心」は秀逸だ。

実朝をとりあげて、実朝を上にも下にもおかず、自分の眼線において書く。

 よくある「私」がでて、やっと小説らしくなるが、太宰はそれをしない。「私」はださなくても、小説にならないといけない。素材だ。

 小説は素材そのものから、感動がわきたってこないと書けないものだということを「赤心」は立証している。

 見たものを書くのは、綴り方である。