むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

シンコが不漁の予測

 お茶漬けにはもってこいの「イカナゴくぎ煮」。瀬戸内から、毎年、どっさりと届く。

 でも今季は材料となる「シンコ」と呼ばれる稚魚が、産卵量が少なく去年をさらに下回るみたいだ。

 シンコ漁の解禁日は、例年は2月下旬ごろ。我慢の年になりそうだ。

 そういえば、ほたるいかも、あまり食べないなあ。