むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

歩いているだけでもうけもん

まがりりくねった歩みでも、迷いどおしの足取りでも、歩きつづけることが大切なんだろう。

 希望は目的地ではなく、歩くことそのものの中にある。

 先は長い。

 休んでも、歩いていればいい。