むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

行きつ戻りつ

f:id:munosan:20150323213539j:plain
 人生は海原にたとえられる。

 高くせり上がるかと思えば、大きく下がることもある。

 嬉しい時には開放的になり、悲しいい時には縮こまってしまうものである。

 それぞれの動きは分かちがたく結びつき常に入れ替わっていく。