むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

聴く、待つことの豊かさ

 いまの社会の評価制度で人の話を聴くこと、人の気づきを待つことは、能力として評価されない。

 本来、「聴く」ことも「待つ」ことも、広義のホスピタリティ(人をもてなすこと)の中核をなす大切な営みであるはずだ。それは一言でいえば、(他者に)「時間をあげる」ということだ。

 「聴く」ことと「待つ」ことが正当に評価され、重んじられるようになったとき、対話力が鍛えられ、じっくり吟味する豊かな心も育まれてゆく。