むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

古いカラを破る

 新しいものをつくろうとするときこそ、古いことを根底から知らなければならないのだろう。