読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

百姓を描いた

 f:id:munosan:20150622200732j:plain

 蔵を改造したアトリエにこもって、「生まれ、働き、眠る」という人間の暮らしをありのまま描いた。

 常田健さん。

 東京の画壇と距離をおき、津軽から出ることはなかった。

 いつのころからか素朴な画風にひかれた。生き方にも。

 こんな言葉を遺した。

 「自分の生活に、自信がないんです、

  自分の感覚にも。

  ほんとにこれでいいのかという。

  幸せとはどういうことなのかな・・・

  九十歳になるけど、

  自分でも幸せだったかどうか、考えないですね。」

 自分を律するひとだったんだろう。

 89年の生涯は、自分のこころを裏切ることはなかった。