読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

花火と偶然

 偶然の一致は、ひょっとして実はとてもありふれた現象なんじゃないだろうか。つまりそういう類のものごとは、まわりでしょっちゅう日常的に起こっている。

でもその大半は目にとまることなく、そのまま見過ごされてしまう。まるで真っ昼間に打ち上げられた花火のように、かすかに音はするんだけど、空を見上げても何も見えない。

しかしもし、強く求める気持ちがあれば、それはたぶん視界の中に、ひとつのメッセージとして浮かび上がってくる。