読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

なでしこ宮間が魅せたリーダーシップ。「宮間語録」が読みたい

 国際大会の1試合は、国内大会の100試合ぐらいに値するだろう。

 女子サッカーの「なでしこ」の宮間主将が魅せたリーダーシップ、とりわけ言動は、澤さんをもしのぐ言葉を発し続けた。

 「もう一回、一番上に立ってこそ、女子サッカーがブームではなく、文化になっていけるのではないか」との一言は、宮間さんのサッカー理論の原点とみた。

 ネットで拾った言葉も、グッとくる。

 「下手な選手がいるなら、巧くなれるように助けてあげればいい。私は、試合には勝ちたいけれど、ただ強いだけのチームに入ってチャンピオンになりたいとは思わない。『一緒に戦いたい』と思える仲間がいるチームで、日本一を目指したい」

「私は、『辛かった』と、ひとことも言ったことはないんです。だって、サッカーは仕事なんですよ。『仕事が辛い』って言っているのは、ダサいじゃないですか?」

 ゴーストでない宮間さんの本が読んでみたい。