むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

運の行方

 運は人の努力で呼び込めるものでもなければ、つなぎ止めておけるものでもない。どこからともなくやって来て、人の手の決して届かないところで物事の左右を決して去っていく。