読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

一心

 何をしていても、最初は一心不乱に前へ進もうとする。しかし、やがてその行為に慣れてくると、周囲の状況が眼に入ってくる。

それと共に前へ進むスピードが鈍るようになる。

 大事なことは、風景が眼に入らないことではなく、入るようになったあとで、もう一度、集中できるようになることではないか。