読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

子どもの自律性

 「なぜ」、「どうして」・・・というあれこれの好奇心―「問題」というものは、そんな好奇心を母胎にして、心の中から湧いてくるものなのだ。

 外から一方的に与えられるものだけが「問題」なのではない。「問題」というものは、それぞれの人間が”つくる”べきものなのである。

 テレビはなぜ見えるんだろう、と考えた子どもは、そのとき、見事にひとつの「問題」を自分でつくった。自分で「問題」をつくり、解くこと―それこそが精神の自律性というものだ。