読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

なんてことだ。猪木さんが東京五輪を延期

 日本を元気にする会の“燃える闘魂アントニオ猪木参院議員が、2020年東京五輪に緊急提言を放った。

 「こんな暑い時になんでやるんだ?」と日程の延期を要請したという。

 賛成だ。

 でも日程は、IOCが決めたこと。覆ることはない。

 マラソン、競歩車いす選手への影響を危惧する猪木氏は1964年東京五輪が10月に開催されたことを挙げ、日程を9月以降に変更すべきと主張した。

「だったら大臣アンタが走ってきなって。ランニング(シャツ)とシューズを用意してさ。現場を知らないヤツらが利権屋と絡むからこうなる」と一刀両断にしたそうだ。

 燃える闘魂が投げかけた日程問題。

 もしかして、変わるかもしれない。