むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

とびきり暑い夏に、さるすべりの花が鮮やか

f:id:munosan:20150809180825j:plain
f:id:munosan:20150809180552j:plainf:id:munosan:20150809180702j:plain
 とびきり暑い夏に、より鮮やかな美しさをみせるというさるすべりの花。

 燃えるような紅色の花だけではない。うす紫やうす紅、白そのほかいろんな花の色がある。

 滑らかな肌をもつ丈高い木の梢に、繊細にちぢれた小花が穂のように集まって咲く。

 散ってはまた、次々と咲く。

 別名を百日紅といわれるのは、百日も咲き続けるという花期の長さからきたものとか。