むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

知ることで考える

 知ることで、人は考える。

 試行錯誤をくり返しながら、人という獣の群れは、滔々と流れる大河のように、その生をつないでいくのだろう。