読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

小沢一郎とはどんな人物か

 時代の変革のなかで、「日本をかえなければいけない」「戦後のタブーに挑戦しなければならない」と、最初に本気で言いだして実行したのは、小沢一郎だ。

 憲法九条、自衛隊の問題だ。

 あの湾岸戦争のときは、海部俊樹をおさえこんでやった。手をかえ、品をかえながら、とにかく掃海艇をだし、PKO法までつくったのは小沢だ。

 小沢一郎という人物は、日本の政治家では他に例をみない。

 ゴマカシはあるが、本音が多い。

 ブレーンは平野貞夫小林節の説が軸になっていそうだ。

 選挙制度もタブーだったが、これにも手をつけた。

 それからコメにも手をつけようとした。小沢の選挙区は岩手だから、すこしぐずぐずした。

 問題もある。

 表に出ずに、すぐにウラに隠れる。民主主義ではない。透明ではない。まあ、政治に透明をもとめることすら間違いだ。

 その権謀術数というか、マキャベリズムにあまりにたけ過ぎている危険はある。