読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

もしかして石原慎太郎さんってバスケは好きじゃ?

 作家の戦後的日常を調べていたら、かの石原慎太郎さんの高校時代のエピソードが語られていた。

 石原さんといえば、バスケ嫌いのようだが、湘南高校では、まんざらでもなかったようだ。

 「石原さんというのは高校時代からいろいろと話題の多い人物で、体操の時間に体育館でバスケットボールなどをやると、自分一人でボールを独占しちゃって全然パスしないんで、あれがいると授業ができねエと教師が嘆いていたという話」

 昭和48年1月刊の『群像・新年特大号』の座談会「表現者の戦後的日常」で阿部昭がはなしている。


 「非常に彼らしいエピソードだと思う」と安倍さんは、つづけている。

 対談している柄谷行人も、バスケをしていてお山の大将になっていたらしい。

 表現者は、だれも勝手気ままな人がおおい。