読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

さらけだす生き方

 みずからの内側に生じたたくさんの人格を比べて、いったいどれが本当の自分だろうかと自分探しをすることは、バカげているし、意味がない。

 どれも自分なのだから、だ。

 人は誰しも、幸せになりたくて、安心したくて、愛し、愛されたくて、さらけ出した自分のすべてを誰かに受け入れられたいと願っている。

 もがきながら多重人格になればいいのだ。

 すべての人格をまずは自分自身が受け入れる。それが自然な姿だろう。