むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

ひとりの二人

 ひとりでいられない人は 二人ではいられない。

 さびしさや退屈しのぎで人とつきあうと、結局、さびしい関係で終わる。

 ひとりでいられる人が ふたりでも楽しい。