読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

心の時間

 時計は、人間ひとりひとりの胸のなかにあるものを、きわめて不完全ながらもまねて象ったものだろう。

 光を視るためには眼があり、音を聴くためには耳があるのとおなじに、時間を感じるために心がある。

 もしその心が時間を感じとらないようなときには、その時間はないもおなじだ。