読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

いのちのこだま

 相手のことがわからないから、わかり合おうと、もがく。

 わからないから人の話を聞く。わからないから一生懸命話す。わからないからこそ、わかりたくなる。

 わかるのが楽しい。その「わからない」という枠を広げていくことが、この世界に対する敬意であり、枠がどんなに広がろうとも、そこで正しいと思うことを語っていいんですよという事実。

 そしてひとたび気づいてしまえば、その枠は広がり続けてゆくのだということを、今も日々体感している。

 としを経ると、未来のことよりも、目先のことしか眼に入らぬようになる。