読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

むらのてんぺんにあるパン屋さん

f:id:munosan:20161210194514j:plainf:id:munosan:20161210194827j:plain
f:id:munosan:20161210194941j:plain
 人口50人ほどの限界集落にあるパン屋さんだ。

 いつも、なぜか、賑わっている。

 パンをどんどん焼いている。菓子パンなどの種類も豊富。予約注文も入る。喫茶も併設している。自家製ジュースやジャムもある。

 勤め先で覚えたパン焼き技術を活かして、最初はガレージでこじんまりと焼いていた。

 評判を呼び出した
f:id:munosan:20161210195133j:plain
 遠くからも注文が入るようになって、拡張が始まり、ログハウスまで建てた。さらにジャズ喫茶を設けたことで、縁来客が居つくようになった。

 田舎だからといって、演歌ではなく、ジャズ。

 限界集落が生き残るには、経済の循環なくしてはありえない見本のパン屋さんだ。

 オーナーは70代の夫婦に、Uターンした息子さんの3人だ。