読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

東條英機とむのたけじ

f:id:munosan:20161214144241j:plain
f:id:munosan:20161214144401j:plain
 週刊新聞「たいまつ」の主幹・むのたけじが逝って、はや、4か月をむかえる。するどい口調で説いてきた時局が聴けないいま、むのがこれまで書いてきた原稿から読みとくしかない。

 NHKテレビではじまった「東京裁判」。

 政局がさわがしいときだけに、どれほどのひとがみるか。

 むのの発言がないか、探してみた。あった。

 東條英機と、むのは相対していた。朝日新聞の議会担当記者として、ずっと見ていた。

 むのは述懐する。

 「東條英機とは、実力はないし思想もないのに、歴史のいたずらというか、何かのめぐりあわせで、大戦争の指導者という地位に身を置かされた人物だと思います」(「第三文明」1998年9月)

 公的な人間の人物評価は、結果によって裁かれなければならない、ということを言及している。
 「お涙ちょうだい」式の、エピソードでのすり替えは許されないというのだ。