読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

紅に染まるナンテン

f:id:munosan:20161214120354j:plain
 朝晩の氷雨に、ナンテンの実が紅に染まってきた。そして、ほろりと落ちる。

 「地に敷けるさ山の枯草」の色のほうを「美しと見る」(河上肇)。

 葉は赤飯にのせる「吉祥」へのねがい。