むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

初雪が舞う

f:id:munosan:20161215115139j:plainf:id:munosan:20161215115304j:plain
 初雪が舞い散る。

 音が吸われて、しんと静まる。

 部屋のなかでも5度しかない。

 重い雪だ。
 
 雪との苦闘で身ぶるいしそうだ。