読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

立ちどまる

 自分の内側に生じたたくさんの人格を比べて、いったいどれが本当の自分だろう、と自分探しをするなんて、馬鹿げているし、ちっとも意味がない。

 だって、どれもホンモノの自分なのだから。

 誰しも、幸せになりたくて、安心したくて、愛し、愛されたくて、<誰か>に受け入れられたいと願っている。

 必死にもがきながら多重人格になればいい。

 そして、すべての人格をまずは自分自身が受け入れる。それが、自然な姿だろう。