読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

ふしぎやな

 悪は必要である。悪が存在しなかったら、善もまた存在しないであろうか。

 悪は善であることの唯一の理由であろうか。

 危険から遠い所では勇気が何であろうか。苦痛なくして憐れみが何であろうか。悪徳なくして徳を、憎悪なくして愛を、醜なくして美を考えることができようか。

 ひとが生きるだけの価値があるのは、悪と苦悩とのおかげなのであろうか。