読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

おもねないで知り合いたい

 これは何ですかーーという質問は形としては事実を尋ねる質問なのだが、この場合は現実には「あなたはこれが何だと思いますか」と相手の考えを尋ねることになってしまう。

 聞く側と答える側に、上下関係や利害関係が存在する場合、下に位置する者は、どうしても相手におもねったり気を使ったりして、相手から見えるであろうものを答えてしまう傾向が多い。

 相手が期待しているのではないかと思うことを、自分の答えにしてしまう。

 これが、現実を知りたくて考えを尋ねる形のコミュニケーションのひとつ目の罠なのである。