読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

もうそろそろ

 「こうあらねばならない」という気持ちが、ひとを苦しめる。「ひとはもっと溌剌としてなきゃいけない」

 そんなの、いったい誰が決めたの?

 「夢中になれるものを、何か見つけなきゃ」。

 そんなものなくたって、ボケーッとしてる無為な時間が好きなら、それでいい。

 自分サイズの暮らしがなごむ。

 それも小さな。