読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

変幻の距離

 心が通わないといって、みんなお互いに傷つき、お互いを傷つけている。

 となりのひとが何を言っているのか、何を考えているのかよくわからなくても、いいじゃないか。

 親や子どもと、日本語が通じて、一緒に暮らせて、触れると温かくて、作ったご飯を食べてくれるなら、もうそれで十分でしょう。  

 そういうものなんだから。自分のことだってわからないのに、他人のことなんかわかるはずがない。あまり多くを要求しないほうがいいだろう。