読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

ゆっくりと、深く、気をくばりながら、

 聞かれたらそのことだけを話す。話し手が聞き手に質問するのは、自分の話をどのように思っているのかと、自分に関連することを質問している。

 聞き手を続けるなら、話し手の立場にたって答えないといけない。

 あなたの立場から答えると、話が行き違う原因になり、答えなくていい質問が多くなる。

 聞き手のあなたはほとんど答える必要はない。感想が話し手の答えと異なると、それ以上話を続けられなくなる。

 同意を求めてるから、同意するか、考えるためにちょっとまをおけばいい。

 話し手はどんどん自分の気持ちを話して満足する。