読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

谷川さんと樹木さんが鳥取で対談予定

f:id:munosan:20170131161139j:plain
「野の花通信」27号が来た。

 いつものことながら、しばし、「死」について考える。読んだら、すぐ忘れるけど。

 徳永医師が「あいさつ、大切だなと考えられる」と書く。

 長いのではし折る。最後で、こう結ぶ。「かける言葉に心がくっつく。人が毎日、家を出、家に帰る時のあいさつ。それがそっくり、死の時にも交わされる」。

 講演会がある。

 詩人の谷川俊太郎さんと、女優の樹木希林さんが「死ぬときぐらい好きにさせてよ」で対談(3月19日、鳥取)する。

 「野の花通信」が舞台になって、劇団民藝が2月4日から14日まで演じる。