読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

下りるとき

 習慣という<怪物>は、どのような悪事にもたちまちひとを無感覚にさせてしまうが、半面それは天使の役割もする。

 終始、良い行いをするような心がけになれば、初めは慣れぬ借り着も、いつかは身についた普段着同様、おいおい肌に慣れてくる。

 今宵一夜をおつつしみなさい。

 明日の夜はもっと楽になりましょう。

 その次はさらにたやすく。

 こうして習いは性となり、ひとは、知らぬまに、悪魔を手なずけられもしようし、それを追い出してしまうこともできる。