読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

わがままな過疎集落

 限界集落から、あやうく、孤立集落になる寸前だった。

 まだ80センチは、ある。明日は晴れるようだが、一気にはとけない。

 33年ぶりの大雪だが、油断していると、またたく間にひずみがでる。

 いなかほど絆があるようにいわれるが、いなかほど繋がりはない。屋根から雪がおちて、文句を言うのは、高齢者だ。すこし我慢しておれば、雪は溶けるのに、我慢がたりない。わがままが多すぎる。

 移住・定住になれていない集落こそ、ひとの行き来がないので、わがままなひとが多い。

 過疎・高齢化集落では、人口1千人に対して、若い家族が毎年2世帯ずつ移住してくると、人口は増えこそしないものの、人口バランスが保たれ、子どもが居続ける集落になれると推計されている。