むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

春風に誘われてイソヒヨドリ

f:id:munosan:20150222121408j:plainf:id:munosan:20150222121534j:plainf:id:munosan:20150222121600j:plain

生温かい風に誘われて、イソヒヨドリが舞っていた。
気持ちよさそう。
屋根づたいに、すこし休憩。ウキウキしていていそうだった。
トリも春を待ちわびている。