むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

散華

 f:id:munosan:20150410172246j:plain
 好みとしては、散りいそぐサクラに、深くこころ惹かれる。

 その色香。

 花弁に、雑草が重なる。

 花の譜を描くさまは、いのちの大きさを感じる。