むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

受け身のある言葉

 届かない言葉は哀しい。どんなつまらない言葉でも、聞いてくれる人がいることは幸せだ。