読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

梅雨があけないのに梅干し

f:id:munosan:20150625173348j:plain
 起きてみると快晴で、そよ風。

 梅雨があけないが、心配になっていた梅干しをした。

 6日に漬けた小梅が、破れそうになるぐらいに漬かっている。いつ、干そうか考えていた。

 干すのは、梅雨あけが慣わしになっている。

 待っておれない。

 明日は雨予報だ。
 
 赤みがつくまで。美味しい色になるまで干す。