読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

志村ふくみさんの志

 季節のめぐり 一月のめぐり 一日のめぐり。

 その一刻 一刻に

 多彩な彩があり 音があり 匂いがあり 感じがあり 味があり・・・

 黙って五感に聴き入って澄ましながら 朝を迎える。

 

 「小さな庵を心のよりどころに、世の天災に思いを巡らせた鴨長明のように、一日に五分でいいから沈思黙考する時間を持ってほしい。この危機に立ち向かうには、一人ひとりが内面と対峙するところから始めるしかない。そう思っています」

 新聞の文化面から飛び込んできた染織家・志村ふくみさんの言葉だった。

 志村さんの言葉は、慈愛にあふれているせいか、いつのころからかいつもそばにおいている。心におとす文章には赤い線をひく。もうすこし大切な詞は和紙の手製本に書き留めるくせがついている。

 創作家にはとしは、いとはない。

 80歳をすぎてドストエフスキーを読みこんだエッセーを発行。またリルケの難解な作品を読解した本もだした。

 「10年以上かかって、やっと少しリルケが分かった」

 「アルスシムラ」という学校を設立する。

 「自然の潜在力を知り、技術を超えた精神性を大事にする生き方を伝えたい」

 新聞の記事だけでは分かりずらい説明である。書いた記者も、たぶん分かっていないであろう。