読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

いさかいの産物

 たった一度、ほんのわずかな射精で、親子関係は未来永劫約束されるが、「家族」とは生活という息苦しい土壌の上で、時間を掛け、努力を重ね、時には自らを滅して培うものである。

 しかし、その賜物も、たった一度、数秒のいさかいで、いとも簡単に崩壊してしまうことがある。