読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

130万円の松葉ガニは誰が食べるのか?

130万円の松葉ガニは、いったい誰が食べるのだろう?

7日の初競りで、1匹130万円で競り落とされた最上級の松葉ガニ

「五輝星」のブランド名がつけられたカニの展示が、9日から鳥取市の展示施設で始まった。

競り落とした水産会社では「地震の被災地を勇気づけたい」としてこの五輝星を展示することを決めた。

甲羅の幅が14点5センチ、重さおよそ1点3キロの五輝星。

 展示後のことを、店番をしていた社長に直撃した。

 「誰が食べるんですか?」と尋ねると、「総理大臣かな?知事かな?」とおどけてみせた。

 「どんな味がするんですか?」とつづけると「食べたことがないんで、分からん」と。そうだろう。

 「社長が食べるんでしょう?」としつこく聞くと「もしかしたらはく製になるかもしれん」とポロリ。

 まさか。

 どうなるんだろう。