読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

むらびとは封建社会を生きる

 農村を歩く。ひたすら歩く。平成の農村を歩く。とっくに伝統の村落共同体が崩壊しているのに、村人の心根はいまだに封建社会。不思議なワールドだ。

 都会地から移住してきた若者が放った。

 「今って資本主義社会ですよね? 村人も現代を生きているんですよね?あなた、おかしいと思いませんか?会話すればするほど、心根はちっとも変ってない。社会と道徳の授業で教わった封建社会じゃないですか。がんじがらめじゃ息苦しくておれません。来月、帰ります」

 ごもっとも。

 都会は資本主義を生きる。農村は景色は変われど、土はそのまま。

 住むひとの性根、意識、は封建時代を生きる。

 血は変わらず延々と昔のまま、だ。

 移住ばやりだが、よくよく調べてみると、定住しているひとの割合は少ない。

 定住できない。