読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらの幸福論

暮らしのちいさなところに眼をむける。

青山剛昌先生との1時間

 「ない」とあきらめていた貴重な録音テープが、本のあいだから出てきた。いまや、人気漫画家として不動の地位を築いている青山剛昌先生との取材テープである。

 そもそも、青山先生に初めてお会いさせてもらったのは、1991年6月だった。当時、27歳。週刊少年サンデーに「YAIBA」を連載中で、単行本も数冊であった。

 とはいえ、アシスタントは4人もかかえていた。「日芸」当時に、マンガ研究会に所属、大学卒業と同時に漫画家の道に。「ちっとまってて」で少年サンデー増刊号でデビュー。「まじっく快斗」を経てトントン拍子で走りつづけている。

 下積み生活はなく「ジャパニーズ・ドリーム」を実現させた若者として英文誌「パシフィックフレンド」にも紹介されたほどの勢いであった。

 当時、先生との取材は比較的容易であった。東京の知り合いの編集者を介してアポをとれば、お会いさせてもらえた。

 それから1度、10分でもとお会いさせてもらいさせてもらってからは「コナン」が一大ブレークし、まったく連絡さえ困難となった。出版社のガードがかたくなった。動向を知る手段は、雑誌と単行本になった。

 最近お会いさせてもらったのは1997年6月25日である。

 「鳥取NOW」という県情報誌での取材であった。お会いさせてもらうまでがひと苦労であった。深夜2時ごろ、担当者に電話作戦である。半月はつづいた。ようやく「快諾」のお墨付きをもらっても、お会いするまでは信じられなかった。

 難産のすえ、お会いさせてもらった。

 苦労がいっぺんにふっとんだ。担当者からは「15分から20分ていどで切り上げて」と苦言を呈さていたが、お会いさせてもらえばこちらの編集者の力量である。

 たっぷりと1時間は取材させてもらった。文章は同行した東京のライターになっているが、わたしがゴーストで書いたものである。雑誌にはよくあることである。内容は削りに削って2ページたらずで、満足のいくものではない。

 テープの採録は、担当者から「媒体はひとつ」と確約されているため、公表はできない。わたしだけの秘宝である。久しぶりに聞いてみたが、実に面白い。